■2010年12月掲載

感染症の予防と治療
ひまわり薬局 木下 次郎 先生

 昨年の新型インフルエンザ騒動による、タミフル・リレンザなどの抗インフルエンザ薬の品不足や、医療機関におけるワクチン接種時の混乱などは記憶に新しいところですが、今年は今のところ世間を騒がせるような流行はみられていないようですね。

 しかしこれからの時期は、年末年始などの忙しさで生活習慣が変化することにより免疫力・抵抗力が落ちたり、旅行や買い物など長時間の外出が増えたりすることで、かぜやインフルエンザなどの感染症が急激に拡がることも考えられます。

 そこで重要なのが日常からの予防および素早い治療になるわけですが、今回は中医学(中国漢方医学)の考え方や漢方薬による、かぜ・インフルエンザなどの感染症の予防・治療についてのお話となります。

【予防が一番】

 ウイルスなどの目に見えない外敵が皮膚や粘膜から侵入することで起こる、かぜやインフルエンザを予防するためには以下の2点が重要です。

 1.外敵が皮膚や粘膜から体に侵入できないようバリアーをはっておく
 2.体に侵入しようとする外敵を、皮膚や粘膜で退治する


 1のような作用を期待して用いられる漢方薬に「玉屏風散」(商品名『衛益顆粒』)があり、名前の通り“玉の屏風”で敵の入り込む隙を与えない、守りのスペシャリストです。

 2のような働きをしてくれるのは板藍根という生薬で、瀬戸際で外敵を退治してくれる頼もしい味方です。お茶にして飲む『板藍茶』、飴としてなめる『板藍のど飴』があります。

 病院でもらうお薬や市販のかぜ薬は、外敵が完全に侵入することによって現れる症状を抑えるだけの対症療法薬です。常日頃から『衛益顆粒』で皮膚や粘膜の守りを固めておくこと、かぜやインフルエンザの流行時期や流行地域になったら、外出の前と後に『板藍茶』、外出中や外出先では『板藍のど飴』を活用することをおすすめします。

【素早い治療】

 予防が一番のかぜ・インフルエンザですが、それでもかかってしまうことがあります。そのときに大切なのが、素早く正しい治療です。「かぜといえば葛根湯」ではなく、症状にあわせた漢方薬をできるだけ早めに服用することが早い回復につながります。かぜのタイプを、初期に現れる症状により色にたとえて以下3タイプに分類して、治療法とともに示します。

《赤いかぜ(風熱型)》
 ◎初期の症状:急な発熱(高熱)、のどの痛み・晴れなど
 ○対応漢方薬:熱を冷ましながら軽く発汗させる・・・『天津感冒片』など

《青いかぜ(風寒型)》
 ◎初期の症状:背中がゾクゾクする急な寒気、鼻水、頭痛など
 ○対応漢方薬:体の表面を温めながら発汗させる・・・『葛根湯』など

《黄色いかぜ(風湿型)》
 ◎初期の症状:吐き気や下痢などの消化器症状、頭痛や発熱など伴うこともある
 ○対応漢方薬:胃腸の機能を高め、からだの余分な水分を取り除く・・・『勝湿顆粒』など

 以上が簡単なかぜの3タイプですが、おかしいな、と感じたときにできる限り早く対応できるよう、それぞれのタイプを常備しておくことをおすすめします。



Copyright(C)2009 Shizuoka China-Science Laboratory. All right reserved.